HOME > Sante' Solaire Information

Sante' Solaire Information

子どもの姿勢が悪い・・・・さあどうしよう?(姿勢力アップ法)


最近キッズクラスに通うお母さんの悩みのほとんどが「姿勢の悪さ」です。
テレビを観る時、本を読んでいるとき、勉強をしている時、スポーツをしている時、
常に姿勢の悪さが目立ちます。

どうすれば良くなりますか?

これは子どもだけに限ったことではないようです。
骨盤の歪みが気になったり、猫背やO脚など姿勢の崩れで悩む人が増えているように思われます。

中には姿勢の悪さは遺伝しますか?とか、
どういうのが良い姿勢ですか?
何度注意しても姿勢は良くならないのです。
等のお声をいただきます。

そもそも正しい姿勢とはどういう姿勢なのか?
何故、姿勢が悪い子が多いのか?
どうすれば姿勢は良くなるのかなど、キッズやジュニアを持つお母さん方からすると、
非常に知っておきたい情報なのではないでしょうか。

そんな情報をまとめてみたいと思います。

正しい姿勢とはどういう姿勢?

案外、姿勢をチェックされたことってないですよね?
なんとなく良い姿勢と悪い姿勢というのはわかっていても、
そもそもどんな姿勢が良いのかを知らないと、なかなか解決することにはつながりません。

ではどういう姿勢が良いのか?

まず姿勢を見るには、2つの姿勢を見る必要があります。

  1. 立った時の姿勢(静的アライメント)
  2. 動いた時の姿勢(動的アライメント)

立った状態で、右肩が下がっているとか、頭が左に傾いているなどの姿勢チェックと、我々施術やトレーニングの現場で使用しているのは、前屈や後屈、側屈、回旋などの動いた時の姿勢が正しいのか?をチェックします。

姿勢をチェックするに当たって、やはり肉眼で見るだけでは、
なかなか正しい姿勢をチェックする事が困難です。

そのために下記のよう藻のがあるとより正確に判断できます。

■用意するもの■

  • デジタルカメラ
  • スマートフォンやタブレット
  • パソコンなど
出来れば撮影が出来、撮った画像にラインが引けるようなソフトやアプリがあるとより適切です。

肉眼ではわかりづらかったところも、後々、画像で線を引いたりするとよくわかったりしますし、データで保存しておけば、数ヵ月後にサイドチェックする際に、見比べる事が出来ます。

立った状態での姿勢チェック(静的アライメントチェック)

■ポジション■

  1. 後ろから見た姿勢
  2. 後ろから見た姿勢
  3. 横から見たい姿勢

3つのポジションからの姿勢をチェックする必要があります。

チェックする際の服装も非常に大事なので、出来るだけタイトな服やパンツを着用し、可能なら上半身だけでも裸の状態のほうが、よりはっきりわかります。

▲後ろから見たチェックポイント▲
  • 左右の耳の高さ
  • 頭の傾き
  • 肩(肩峰)の高さ
  • 肩甲骨の高さや位置(下角、内側縁)
  • 肘頭

  • 骨盤の高さ(長骨稜)
  • 上後腸骨棘
  • 膝裏
  • ふくらはぎの中心線

などです。

▲前から見たチェックポイント▲

  • 胸鎖関節
  • 肩の高さ(肩峰)
  • 肋骨の内側縁
  • 上前腸骨棘
  • 膝蓋骨

などです。

▲横から見たチェックポイント▲

  • 頭の角度、
  • 上前腸骨棘、上後腸骨棘
  • 外くるぶし

などです。

このチェックポイントを線でつないでいったりしたときの線がどのようになっているのか?

動いた時の姿勢チェック(動的アライメントチェック)

  • 前屈
  • 後屈
  • 側屈
  • 回旋

が主な動きで、もう少し細かく見る場合は他の動きもチェックする必要があります。

上記の動きの際、手の動き、体の動き、脚の動きなどをチェックすると、正しくない動きがあるところをチェックしてください。

子どもの姿勢が悪くなる原因

何故、姿勢が悪くなるのか?
突然ですが、皆さんは骨の模型などを見た事がありますか?

元々人間の骨格は4つ足動物から進化したもので、
骨盤と胸郭(肋骨)をつないでいる部分が腰の骨、腰椎です。

骨格からしても、まっすぐ二本足で立つ事は難しいように出来ています。
その骨盤と胸郭をつないでいる空間の筋肉を、いかに小さい子供のときから使って強化しているかで、姿勢は変わってきます。

赤ちゃんが泣くといい行為も、その部分の強化でもあります。
泣いて、骨盤周りの筋肉を強化し、立つ準備を行っています。

もちろん色々な原因が考えられると思いますが、キッズはジュニアの場合の姿勢崩れは、
骨折などの大きな怪我や、手術などや、先天的な異常などがなければ
日頃の体の使い方なのではないでしょうか?

そうです、その骨盤周りの筋肉を、
遊びながら強化していたのです。

しかし現代っ子は体を余り沢山動かしていません。
だからこれからは益々姿勢が悪い子どもが増えてくると思います。

遊びでいかに色々な環境下で体を使うのか?

昔の子どもの遊びと言えば、木登り、鬼ごっこ、缶けり、竹馬、駒回し、ゴムとびなど、
体を動かすことが多かったように思いますが、今の子どもは部屋の中、外で遊んだとしても余り体を動かさない子が多いように思われます。

この遊びで体を使わなくなってきた事が、
一番の原因だと思います。

姿勢を良くするにはどうすれば良いのか?

最近では誰もが聞いた事があるようなキーワード『体幹』。

いまやアスリートでもこの体幹部を鍛え、怪我の予防、パフォーマンスアップに成功している例を、テレビや雑誌等で取り上げ、何となく体幹をしている方が増えています。

まさにその体幹を鍛えればよいのです。

では体の体幹部分と言うのはどこにあるのでしょうか?
と言うと、案外答えられない、間違ったところをイメージしている人が多いのが気になります。

腕は脚、頭を除く胴体部分全体を『体幹部』と言います。

その体幹部の中でも、骨盤と胸郭をつなぐ部分が弱いと、スポーツの世界では安定して動きが出来ません。体幹部がしっかりしない状態で、手足を動かしても、上手く動かせないし、怪我の原因にもなります。

その体幹部を鍛える事が、姿勢改善の近道です!

これを言うとやはりハードなイメージで、敬遠されますので、
一番簡単な骨盤周りの筋肉強化法がありますので、まずそれからしっかり行ってください。

1ヶ月、2ヵ月後には姿勢が違ってくるのが目で見てもわかると思います。

そのトレーニング法は。。。。

腹式呼吸です。

鼻から大きく息を吸い込んだら、その息を胸に入れるのではなく、お腹が大きく膨らむようにに入れてみてください。

もう無理ってところまで息を吸ったら3秒間息を止めてその状態をキープ。
それから徐々に息を口から吐きながら、お腹をへこませて行きます。

ここでポイント!

時間をかけて徐々に息を吐き出していきます。

全部を吐き出したら、また息を止めてキープ。
それを10〜20回。
2〜3セットを週に3日ほど続けてみてください!

姿勢の悪さは、注意したから直るのではありません。
ちゃんと筋肉を動かすようにすれば、確実に姿勢は良くなります。

後はバランスボール、バランスパッドなど下が不安定なところで立ったり、座ったり、動いたりすると更に良くなります。

案外、簡単なことなのに、何もせず注意するだけでは子どもの姿勢は良くなりませんよ。


それ以外にも子どもの能力を身に付けさせれば、誰もがスーパーキッズに!

運動嫌いは克服できる

最近、キッズの運動能力アップを目的とした『体つくり運動』に、
とにかく運動嫌い、運動が苦手なこどもが集まってきています。

体操教室に通ったものの、数ヶ月もたたないうちに辞めてしまったり、
スイミングクラブに通ってみたものの、
やはり同じことで辞めてしまう子どもたちが当スタジオの
『体つくり運動』に参加してくれています。

非常に残念なことです。

まだまだお母さん、お父さんの頭の中には、
運動神経は遺伝で、自分も運動嫌いだったから子どもにも
遺伝してしまったんだって思われている方も多いと思います。

いやいや、運動能力は遺伝ではありませんよ。

きっちり適切な時期に、適切なことをやれば、誰もが伸びるものですよ。

運動嫌いな子どもの特長

では何故子どもは運動が嫌いになるのか?

  1. 運動をしていても楽しくないから
  2. 他の人みたいに上手くできないから
  3. 身体を動かすことが嫌いだから

ではないでしょうか?

逆に運動が好きな子はどんな子なのでしょうか?

  1. 運動をするのが楽しいから
  2. 人より上手にでき、褒めてもらえるから
  3. 身体を動かすことが楽しいから

です。

そうです、運動好きな子と、嫌いな子は、
まずは運動が好きか?嫌いか?かなのです。

でも嫌いな子に好きになれと言ったところで
簡単に好きになるはずがありません。

じゃあ無理なんじゃない?

となりますが、それは違います。

嫌いな子はできないからです。
ではできるようにすれば好きになる確率は高くなります。

コーディネーション運動で出来た!の喜びを

当スタジオの『体つくり運動』というプログラムは、
コーディネーション運動で、子どもたちにできた!の
喜びを経験してもらっています。

コーディネーション運動とは。。。。

眼から入ってきた情報を、脳に伝達され、
脳から手足等に伝達されることが運動神経です。

その手足などに伝達を送ることがコーディネーションと呼ばれており、
それを高めることがコーディネーション運動です。

そうです!

運動を好きにさせるためには、まずは出来る!事が大切で、
いかに脳への情報を多くし、手足への伝達を細かくするか?
なのです。

だから遺伝ではないのです。
生まれてからの環境です。

運動ができない子、嫌いな子は、
この情報処理能力が低いだけなので、
高くすれば良いのです。

ではどうやってその処理速度を上げるのか?

脳への伝達処理速度を上げるのは目を鍛えろ!

先ほどもお伝えした通り、
脳への情報提供源は、目からの情報です。

目で沢山情報をいかにキャッチできるか?
が問題になります。

例えばサッカーで説明をすると、
前からボールが飛んできた、
目でその情報がキャッチできたとすると、
次の脳は身体のどの部分でボールを取ることができるのか?
を考え、足なら足、胸なら胸、
左足の腿なら、左足の腿にすぐさま伝達し、
ボールをトラップやシュートするようにと
指令を送ります。

サッカーが上手くない子は、
ボールが飛んできた、でもこれは自分がトラップするのか?
他の味方がシュートするのか?
目と脳が連動していないので、手や足に伝令を素早く遅れないだけなのです。

だからボールをうまく処理できない=うまくない=面白くないです。

目→脳→手や足への伝達速度を高める

当スタジオの『体つくり運動』では、
まずは目でキャッチする情報量を高める
トレーニング=視覚力アップトレーニング
=ビジョントレーニング

で、目で沢山の情報量をキャッチしたら、
手や足にでどれだけ正確な情報を素早く送る
トレーニング=コーディネーション運動で、
正確な伝達を行うトレーニングを行います。

目の情報量を高め、
脳で素早く処理し、
手足に伝達し、
手足が素早く動かせるようになると
誰もが運動が上手くなります。

運動が上手くなれば、
必ず好きになります。
好きになればまた身体を動かします。

だからどんどん運動が得意になってきます。

運動能力は遺伝ではありません!

しっかりとしたトレーニングを積むことによって
誰もが上達するものです。

だから運動嫌いは克服できます!

 

『体つくり運動』の詳細はコチラ

http://www.sante-solaire.jp/blog/2014/12/entry_1272/

子どもに身に付けさせるべき3つの能力

こんにちは、サンテ・ソレール代表の廣谷です。

長年、キッズやジュニアのサポートを行ってきましたが、
たった3つの能力を、家で少しの時間でもいいので
トレーニングするだけで、学習力、運動能力はアップします。

でも残念ながら、その3つの能力はあまり知られていません。

だからキッズからジュニアのご父兄を対象としたセミナーを、
色々なところで開催し、体験をしていただいています。

子どもに必要な3つの能力

横浜市青葉区にある東急田園都市線『たまプラーザ駅』界隈だけで、
キッズの習い事は沢山あります。

ピアノ、スイミング、英会話、脳開発。
サッカーにフットサル、野球やバスケットボール
などのスポーツ団体を入れるとかなりの数で、
どの教室も熱心なお母さんと子どもたちでいっぱいです。

当スクールでも3歳からのプログラムを行っておりますが、
お母さん方からのお悩みをたまに聞かせていただいております。

「子どもの習い事は早くから始めた方が良いのでしょうか?」
「サッカーだけでなく、水泳など他の種目もさせた方が良い?」
「スイミングをさせると頭が良くなるのですか?」

確かに、色々な事を早くから行えば、
もちろん発達するでしょう。

ではたくさん習い事をさせた方が良いのか?

僕はセミナーで3つの能力を説明します。

  1. 姿勢力
  2. 運動能力
  3. 視覚力

勉強にもスポーツにもこの3つの能力は必要不可欠です。

でもこの3つの能力のお話をしても、
ほとんどの方が「知らなかった」とおっしゃいます。

早くから英語を習わせるのが良くないとか、
サッカー以外にスイミングを習わせるのは良くないとか
ではなく、子どもに3つの能力を日々トレーニングするだけで、
英会話も、ピアノもサッカーも野球も上達します。

特に苦手な子どもほど。

では何故、この3つの能力が必要なのか???
3つの能力って何だ?

何故、3つの能力が必要なのか?!

昔の子どもと比べて、今の子どもは何が違っていると思いますか?
自分の子どもの頃と比べて、今の子どもは何が違っていますか?

僕が一番感じるのは遊び。
もう少し細かく言うと遊びでの身体の使い方。

長年、ジュニアアスリートをサポートしてきて気が付いたことがあります。

子どもの身体が硬い!
です。

昔は子どもは柔らかいものだと思っていましたが、
今では小さいお子さんでさえ身体が硬い子が沢山います。

余りにも沢山いるので、硬いことが普通になりかけているようにも思えます。
いえいえ、そんなことはありません?

それともう一つ。

スポーツができる子の特長ですが、
何かわかりますか?

しっかり立っていられると、大声が出せるです。

意外に思われたのでは?

だからこそこれからは3つの能力を高めないと、
勉強ができなくなるとか、スポーツが苦手になるというレベルではなくて、
生きていくための力が足らなくなります。

だから我々は、長年、当スタジオのプログラム『体つくり運動』で、
3つの能力を高めています。

  『体つくり運動』の詳細はコチラ

ではこの3つの能力をご説明をさせていただきます。

 

3つの能力 姿勢・運動能力・視覚

姿勢力、運動能力、視覚力の細かいご説明は、
また別のページでしっかりとお教えしたいと思いますので、
今回は3つの能力はどういったものなのか?
謎、必要なのかをご説明させていただきます。

1、姿勢力

最近の子どもの姿勢を見て気が付いたことはありませんか?

そうです!

姿勢が悪いのです。

猫背、O・X脚、偏平足
座っている姿、テレビを観ている姿、
全て姿勢が悪くなってきています。

それは身体を支えるという機能が低下しています。

だからお母さんが、
「姿勢を正しなさい!」と注意しても、
一瞬は良くなりますが、すぐに戻ってしまいますね。

何故、姿勢が悪いのか?

色々な要因があると思いますが、
まずは身体を支える筋肉が不足しています。

皆さんも聞かれたことがあると思いますが、
『インナーマッスル』が育っていません。

インナーマッスル=身体を支える筋肉
それともう一つの働き、関節を保護するのも
このインナーマッスルです。

この部分が上手く使っていないので、
鍛えられないままです。

だから身体も硬いのです。


詳しい姿勢力のはなしはこちら

2、運動能力

運動能力は遺伝ではありません!

まずこれを最初にお伝えしないと。

目から入った情報が、脳へ送られ、
脳がそれを素早く処理し、手や足、身体に
こういう風に動けと言う指示を出します。

その伝達能力が運動能力です。

この能力は神経系の働きなので、
8〜12,13歳までに大人の8〜9割完成します。

本来ならここを、昔の子どもは遊びの中から鍛えていたのですが、
現代っ子はここが上手く遊びで使われていないので、
発達が乏しいと考えられます。

だからこそ、キッズの時期からの身体の使い方、
それも色々な環境下での使い方で、
沢山色々と脳や身体が経験すると、
神経系が細かく発達していくのです。

だからキッズからジュニア期はこの神経系のトレーニングを
最優先させなければなりません。

3、視覚力

この視覚力は、一番知られていません。

目の能力です。
目でどれぐらい沢山の情報をとらえ、
脳へ正確に伝達するか?

目のトレーニングって聞いたことはありますか?

目の能力というと、視覚ではなく、視力を思い描く人がほとんどですが、
視力ではなく視覚です。

この視覚は生まれてから徐々に発達するものではなく、
後付で身に付けていくものです。

でも本人もご両親もこの能力を知りません。

ヨーロッパやアメリカ、カナダでは
小学校の時からこの視覚(ビジョン)を鍛えることをしています。

視覚を鍛える=ビジョントレーニング

これは後々細かくご説明をしますので、これぐらいにしておきますが、
視覚力をチェツクするとよくわかります。

上手く見えていません。

でもその上手く見えていないということすら知らないまま成長をします。

この記事を読んでいる大人でさえ、うまく見えていない人がいっぱいいて、
セミナーで経験すると一番ご興味を持たれるところです。

落ち着きがない、集中力がない、本が嫌い、
字や絵が下手なのは視覚力がまだまだ身に付いていないからかも?

これからの子どもたちに必要なもの

これからの子どもたちは、この3つの能力を高めてもらいたいです。

しかし残念ながらこれらの知識すら知らないままです。

もっと学習力をアップさせたり、運動能力をアップさせたい、
落ち着いて本を読んだり、友達と仲良く接して欲しいなど
子どもへの期待は大きいと思います。

確かに早くから習い事やスポーツをさせると、
レベルは上がります。

でもそれは小学生、中学1,2年生頃までならそれでいいですが、
能力を高めるとすぐにではないかもしれませんが、
ずっとずっと、一生色々な場面での発展が期待できると思います。

これからの子どもたちに必要なものは

姿勢力、運動能力、視覚力です。

サンテ・ソレールでは3歳児から、
この3つの能力を高める指導を行っております。


『子どもに必要な3つの能力』代表無料セミナー開催!!

 
  『体つくり運動』の詳細はコチラ

 

代表コラム
『何故、当スタジオは学童保育をスタートするのか?』


レッスンだけでなく、アフタースクールとして集中して学ぶ

12