お知らせ
パーソナル・マンツーマンレッスン
サンテソレール
  • TEL:045-909-1299
  • 営業時間:
    平日・土10:00~21:00
    日・祝日10:00~19:00
  • 住所:神奈川県横浜市青葉区
    美しが丘1-11-10 ポリニア2F
    東急田園都市線
    たまプラーザ駅徒歩5分

HOME > Sante' Solaire Information

Sante' Solaire Information

マタニティピラティス

サンテ・ソレールではマタニティヨガ、マタニティビクスの2つのレッスンがあります。
以前1度マタニティピラティスをイベントで行ったのですが

今回、8月23日(土)・30日(土)に
マタニティピラティスを開講致します!!

インストラクターはサンテ・ソレールではマタニティビクス、産後ピラティス、産後骨盤リズムを
担当しています中村先生!!
中村先生はマタニティヨガも産後ヨガ、ビクス、ベビーマッサージも出来るベテランインストラクターさんなのです!!
マタニティビクスも人気で先生を信頼し来られる妊婦さんも多くいます。


マタニティピラティスというと、渡辺満里奈さんがDVDをだしていますが
おうちでやるには不安もあるとお話ししてくれた妊婦さんがいました。
マタニティピラティスを開講している教室は少ないので
興味がある方は是非受けてみて下さい♪

マタニティピラティス
ゆっくりとしたエクササイズで、普段使わない全身の筋肉を動かすため、
妊娠中の運動に適しています。
 お産に必要な骨盤底筋を意識したプログラムになっています。
 

ノウリョクは無限大!


こんにちは!
体つくり運動を担当してます、太田です(^◇^)!

最近は日も長くなり、外で活動する時間が長くなってきましたね!
外の温度と建物のなかの温度の差がかなりあります。
体調管理に気を付けて、夏バテにならない気をつけましょう!


本日は今日体つくり運動のレッスンでの出来事についてお話しします♪
皆さんこの遊び道具見たときありますか?


今日はレッスンの中で数字カードを使った運動をやりました!
最初数字が書かれている表向きのカードを広いスタジオ内に広げて
「先生が言った数字を走って取りに行って走って先生の所まで持ってくる」
という運動をしました。いかに早く数字をみつけて先生の所まで持ってこれるか、という
ビジョントレーニング要素も含まれるような運動です。
次に裏面の何も書いていない方を向けてスタジオ内に広げました。
生徒はカードをひっくり返して数字を確かめて先生の所まで持ってきます。
しかし今日参加してくれた3才の女の子はすごいんです!
1から9までの数字の色を全て覚えていたのです!!!!
先生が数字を指示したら周囲を見渡して指示した数字の色の所に一直線!
それも1から9まで全ての数字の色を覚えていたから びーーーーーっくり!

子ども達の能力・脳力って本当にすごいなあ〜。。。と改めて感じました。
体つくり運動のレッスンでも色々なところで子ども達の成長が見れて
毎日毎回とてもとても嬉しく感じます。感動を頂いております!!

子ども達の無限大∞のノウリョクを引きだせるように
子ども達に色々な体験をさせ、そして楽しく運動できるように(^^)v

体つくり運動でお待ちしております!

それではまたhappy01

"ほめる"をたくさん

こんにちは(^O^)スタッフの高田です。

昨日も今日も、梅雨明けかと思うぐらいの暑さですねsun

私も家に帰ったら、4人の子どもの母親をしています。
この夏休み前の時期になると、あっちもこっちも面談ラッシュ!!

先日も幼稚園に行ってきました。

先生とのお話のなかで、本当に"ほめる"事、大事だということ、効き目がある(「北風と太陽」ですね)ということを実感して帰ってきました。
一度先生が叱った事を次の日少しでも出来ていたら、先生はすごく褒めて下さり、出来た→褒める、出来た→褒めるとしていたら、次の日も次の日もちゃんと出来るようになった.....という話でした。


もうお母さんお父さんやっている方は、"子どもは褒めて伸ばそう"と耳にたこが出来るくらい聞いているかと思います。
分かってはいるけれど、なかなかうまくいかないって方も中にはいるのではないでしょうか?
特に2〜3歳児のお母さん達。。。

褒め方もいろいろありますが、10のうち1だけだとしても、大げさにそしてすごーい笑顔で褒めて、ギュッとしてあげるだけで十分だと思います。
そして、子どもを褒めてあげられた自分も褒めてあげましょう。

私の担当している、ベビーマッサージのクラスでもよくお話しするのですが、お母さんもお父さんも一人の人間なので、イライラしたりする時もあって当たり前。そんな自分を責めないでほしいと思います。
そして、また笑顔で子どもと向き合えた時、自分をほめてあげて下さい。

そしてこの暑〜い夏!暑い暑いsweat01sweat01と嘆くのではなく、
"暑い中、頑張ってるね〜happy01good"と声をかけあってはいかがでしょうか。





123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263