お知らせ
パーソナル・マンツーマンレッスン
サンテソレール
  • TEL:045-909-1299
  • 営業時間:
    平日・土10:00~21:00
    日・祝日10:00~19:00
  • 住所:神奈川県横浜市青葉区
    美しが丘1-11-10 ポリニア2F
    東急田園都市線
    たまプラーザ駅徒歩5分

HOME > Sante' Solaire Information

Sante' Solaire Information

よこはまハロウィンinたまプラーザに参加

704036IMG1.jpg

サンテ・ソレールも参加させて頂きます♪
12:00〜16:00 ■スタンプラリー【サンテ・ソレール・サンサンキッズにて】
14:45〜■ハロウィン仮装ダンスコンテストに参加(たまプラーザテラス会場)
      HIPHOPの子供たちが出演します!

 

よこはまハロウィンinたまプラーザ

の詳細はこちら

■仮装パレード
毎年恒例の仮装パレード!バッチリ仮装して楽しもう!
時間:16:30〜17:30
集合:16:00 山内公園(https://goo.gl/maps/H2aCD)
※当初は商店街を歩行者天国にしての開催を予定しておりましたが、
諸事情あり道路封鎖をしないでの開催となります。
また、そのため同時開催を予定していましたJAZZフェスも今回は中止となります。
楽しみにされていた方、大変申し訳ありません。

■スタンプラリー
商店街を巡ってスタンプを集めよう!コンプリートでお菓子と記念品をもらっちゃおう!
時間:12:00〜16:00
※台紙は本部(地図参照)で配布しております
※雨天時は、内容を変更する場合がございます

■路上お絵描き
道路のど真ん中で、チョークをつかって好きなだけお絵描き。

■プレイパーク
公園、既成のブランコ、などお仕着せの遊び場とではなく
想像力と工夫で遊びを作り出すことの出来る遊び場がたまプラに登場!

■ダブルダッチ
世界大会優勝の実績を誇るたまプラーザではお馴染みの、
縄をつかったスポーツ、ダブルダッチのショー!

■ワークショップ 

■縁日

【開催日時】
 2014年10月25日 (土) 
 12:00〜18:00(少雨決行)
【開催場所】
 山内公園(メイン会場)東急田園都市線たまプラーザ駅徒歩約10分
 たまプラーザ駅前通り商店街(パレード)
【来場者数】
 -
【参 加 費】
 無料(一部イベントについては別途料金がかかります)
【お問合せ】
 よこはまハロウィン実行委員会 事務局 
 TEL:090-4250-6177/担当者


※諸状況により日程・時間・場所などが変更になる場合があります。
 事前に会場・主催者までお問合せください。 

 

ストレッチポールを使い自宅でセルフケア


こんにちは☻

昼間も寒くて、だんだん冬が近づいてきたのかな?って感じですね。
まだ早いかな?(#^.^#)
運動するにはちょうどいい気温ですね!
しっかり準備運動をして体・筋肉を温めてから運動しましょう!

さて今日はストレッチポールについてお話しさせて頂きます。

「ストレッチポール」
最近ではプロスポーツ選手や芸能人も愛用していて
名も知れてきたのかな。という感じがします。

しかし「ストレッチボール」「バランスボールですか?」
という方もいらっしゃっていてまだまだ浸透はしていませんね。

ストレッチポールは自分の体をセルフケアできるとても便利で
有効的な道具となっております。

筋肉が緩み、骨格が整う。
ポールに乗ることにより自然と肋骨が左右に広がり
リラックスした状態で空気をいっぱい吸うことが出来るので
呼吸が深くなる。
など、たくさんの効果があります。

骨格が歪み、姿勢が悪くなると
色々な身体の不調が出てきます。

デスクワーク・料理・掃除など
普段の日常生活の中では前かがみの姿勢が多いです。

産後のお母様だと、お子さんを抱くときに
いつも左右どちらか決まったほうで抱っこしていたり
バッグをいつも同じ側で持っていたりと
左右の筋肉バランスがくずれ、骨格が歪んでしまいます。

歪んでしまうと、片方の筋肉だけに負担がかかってきてしまいます。

肩こり腰痛、膝痛など痛みが出てきてしまい、
また、冷え症、便秘、眠れない、などの痛みだけでない
体の変化、不調も出てきてしまいます。

このストレッチポールに寝るだけでも
効果があります。

寝る前に5分10分乗って寝ただけで
布団にはいってから、ぐっすり眠れるようになった。
という効果もありました。

動き方を覚えるまではただポールの上に乗って寝るだけでも効果がありますので
毎日の継続を心掛けて、美姿勢を取り戻し、
身体の不調も改善していきましょう!!


自宅でできるマット運動の苦手克服~後転編~

体育の授業で必ずある種目
「マット運動」

前転から始まり、最初の難関でもある『後転』が次にやってきますね。
このマット運動の最初の段階で苦労するお子さん、多いのではないでしょうか?

後転はこうやるんだよ、と教えてもわからない子
お手本を見せてもなかなか真似できない子
後ろに転がる時の手の置き方を何回教えてもできない子
後ろに転んで回ることへの恐怖心がある子
後ろに転がることはできるが回る途中で止まって横に転がってしまう子
後転はできていると思うがまっすぐきれいに回れない子

お父さん、お母さん、このようなお子様の後転を見て、または教えていて、
どうしていつまでたってもうちの子は出来ていないのだろう。
そのように感じたことはありませんか?

もしかすると、子どもに必要な3つの能力が
小さい時にしっかり鍛えられていなかったかもしれません。

この、子どもに必要な3つの能力とは何なのか?はこちらをご覧ください。

さて後転をできるようになるためにはどのような練習をすればいいのでしょうか?

まずは人間の基本の動作はできていますか? 


人間には、たつ・あるく・はしる・くぐる・ぶらさがるなどの約30弱の
基本の動作があります。
この動作は小さい時になるべく多くの動作を経験し
バランスよく身に付けることが望ましいと言われています。

テレビゲームが増え、公園の遊具が安全なものしか置かれなくなった今、
現代っ子は人間の基本の動作がしっかり身に付けられているのでしょうか?

この基本の動作ができていないと、自分の体の使い方がわからなくて
頭では分かっていても、体が思うように動かせないのです。

後転はこうやるんだよ。
手の置き方はこうだよ。
と教えて頭で理解していても、それをしっかり体に
伝達出来ていないのかもしれません。

また、後ろに転がることは出来ていてもなかなかまっすぐ回れない
というのは、人間の基本動作の他に「コア」という部分が関係しています。

このコアという部分を鍛えてあげることによって、
まっすぐきれいに回ることができてきます。



確かに反復練習を繰り返せば、できるようになるのかもしれません。
しかし、また次のステップに進んだときにも、反復練習という時間をかけ
自分の体の使い方もわからないままに進んでいってしまうかもしれません。
自分の体の使い方がわかる子は、教えなくても出来てしまう子も多いです。

さあこれを踏まえて、練習をしていきましょう!

お家で特訓!!

少ーしだけ、お教えしましょう!

まず後ろに転がるという恐怖心がある子は、
手を置く順番を最初だけ変えてみましょう。

本来は お尻→背中→手+頭 という形ですが
お尻からストーンを転がることが怖い子は
しゃがんだ状態で、お尻の横に手を置き、
手→背中→頭+手 という形からやってみましょう。

多少勢いがないと回りきれない子も多いので、
お尻はついている状態からではなく
しゃがんでいる状態から転がる方が回りやすいかと思います。

くるんとまわりきれない子は、
伸膝後転のようにして、腕の力で押し上げて回り切ることから
始めてみて下さい!


やる時は、広い場所を使って、柔らかい布団など敷いて
怪我のないようにやってくださいね!
 
 

子どもに必要な3つの能力を高めマット運動を克服!

コラム『子どもに必要な3つの能力』を読んでいただきましたか?
 
  • 視覚力
  • 運動能力
  • 姿勢力

現代っ子に、まだまだ身に付いていない能力です。

目で見た情報を、素早く脳に伝達し、
脳から手足、体に正確に指示することが出来れば

案外、すんなり後転が出来たりするのです。

イメージはタイヤ。

タイヤがコロコロと転がっているイメージをさせ、
自分の体がタイヤのようにまあるく転がっているイメージをさせるだけでも後転が出来たりするのです。

マット運動が苦手なお子さんほど、イメージが出来なかったりするので、
イメージ力も大切ですね。

123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263