お知らせ
パーソナル・マンツーマンレッスン
サンテソレール
  • TEL:045-909-1299
  • 営業時間:
    平日・土10:00~21:00
    日・祝日10:00~19:00
  • 住所:神奈川県横浜市青葉区
    美しが丘1-11-10 ポリニア2F
    東急田園都市線
    たまプラーザ駅徒歩5分

HOME > Sante' Solaire Information

Sante' Solaire Information

運動能力はスポーツのための能力だけではなく、身体を守る能力でもあります

案外、運動能力、運動神経って何ですか?と聞くと、
余り答えられず、何となく身体を動かす能力?みたいなアバウトな形でしか
答えられない人がほとんどではないでしょうか?

特にスポーツをするための能力で、
運動能力が高いとスポーツ万能だと思われている人がほとんどです。

ましてそれは遺伝的要因が強く、生まれ持ったものだと思われています。

確かに遺伝的な要因はありますが、
ほとんどの場合は生まれ育った環境です。

スポーツをするためにはもちろん必要な能力ですが、
それだけではなく、身体を守る能力でもあります。

転んだ時にとっさに手が出ず、顔面を怪我したとか、
そもそもつまずきやすい、転びやすかったり、
前から人が歩いて来てもよけきれない等、
色々な危険な目にも合っていたりします。

セミナーでの話ですが、
ある小学校で起きた事故のことです。

先生が一番前の児童にプリントを配布し、
その児童が、一枚プリントを取り、後ろの児童に渡そうとした瞬間、
後ろの児童が、そのプリントで眼球を切る事故がありました。

ありえない事故です。

どんなに見ていなかったとしても、身体は反応し、手が出たり、身体をよけたりします。
最悪でも目を閉じ、瞼を切るぐらいがせいぜいでしょう。

しかしその児童は眼球を切ってしまったのです。

幸い眼球を切ったぐらいで、目が見えなくなったとか、視力が悪くなったとは内容なので良かったですが、そんな子供さんがいると言うことです。

運動能力は7つに分類されます。

・定位能力
・識別能力
・反応能力
・変換能力
・連結能力
・リズム能力
・バランス能力

の7つです。

ヨーロッパの小学校では『コーディネーショントレーニング』として、日本の体育の時間に
トレーニングをされます。

確かに日本の体育でも、コーディネーション的な要素がある種目を指導しますが。
指導方法が全く違います。

日本の小学校で体育を教える先生は、体育専門の先生ではありません。
全科目が教えれる先生で、全ての先生が体育が得意という訳ではありません。

ちなみに体育大学を4年で卒業しても、中高の教員免許は取得できても、
小学校は取得できません。

だから体育の授業で運動能力を高めるのは非常に難しいと思います。

本来なら、遊びで身に付けていた能力なのですが、
残念ながら、遊び方が変わり、公園や遊具が安全になり、遊ぶ時間が少なくなったなどの
要因で、子どもたちがますます運動能力が高まっていません。

これは大きな問題だと思います。

大きな怪我をしないように注意をするのは間違っていませんし、
危険な場所等で遊ばせないことも大事なのかもしれません。

しかし、木に登っても落ちないように、川で遊んでも滑らないように身体が
自分を守ろうとします。それが運動能力の大きな役割です。

将来スポーツ選手にするわけでもないし、体育は受験科目ではないから軽視している
親御さんがいらっしゃったら大間違い。

ちょっとした怪我で済むようなことろが、大きな怪我につながったりします。

そんな重要な能力を遺伝だと思い込むのではなく、
最大限の能力が身に付くように努力をさせてください。

運動能力の他に、『姿勢力』、『視覚力』も育っていません。

子どもは子どもらしく遊ばせてください。

子どもの能力についてご心配の方は、
是非、『運動能力』『姿勢力』『視覚力』のセミナーにご参加ください。

子どもの悩みもお聞きし、解決策をアドバイスさせていただきます。

  →セミナーの詳細はコチラ
  →子どもに必要な3つの能力のついての詳細はコチラ
  →子どもの能力を高めるレッスン『体つくり運動』の詳細はコチラ

まっすぐ立てない子ども達

本日フジテレビ「とくダネ」では子どもの姿勢についての特集がありました。

まっすぐ立てない子ども達
これは気になります。
番組では朝礼はわずか数十分なのにその時間すら
まっすぐ立っていられない。
・・・足がふらふらする、上半身がぐらぐらと動くという
子ども達の映像が出てました。
サッカーをやっているので姿勢を良くすると
パフォーマンスUPになるのでは?というお子様と親御さんも出ていました。


サンテソレールでは代表の広谷が子どもの姿勢についてのセミナーを行っています。
どうして姿勢が悪くなるのか。
お母さんが毎日注意しても治らないのは何故なのか。
悪くなった姿勢を正すにはどうしたらいいのか。

未就学児、小学生のお子様をもつ親御さん対象に行っています。
無料のセミナーなので気軽にお越しください。
少人数で行っているので個人的な質問にもお答えできます。



代表のセミナー情報

 

姉妹店レエールラボでは
小学校4年生からのマンツーマントレーニングを行っております。
スポーツにおける怪我の予防やパフォーマンスUPのお手伝いをしています。

ジュニアの姿勢、スポーツのパフォーマンスUPは
姉妹店レーエルラボへ

 

出来ない!を口癖にしている子どもたち


当スタジオの『体つくり運動』に通う子どもたちのお母さんから、
「うちの子、やる前からすぐに出来ない!と言ってしまって、やろうともしないのです。」
とか、「これをやっといてねって言っても、出来ないもんって言われるのです。」
というようなご相談を良く受けます。

最近の子は、本当にやる前から出来ない!っといってしまう子が多いように思われます。
これではお母さんのストレスになるのもよくわかりますよ。(笑)

何故、すぐに出来ない!と言ってしまうのでしょうか?

色々な理由は挙げられると思いますが、
やはり過去の失敗した、出来なかった、笑われた、怒られたなど
小さなことかもしれませんが、子どもなりに傷ついてしまったのかもしれません。

しかしそれではだめです。

やれば出来るかもしれないのに、最初から出来ないって思いこんで、
やらないのは大きな問題です。お母さん方が心配するのも無理はないと思います。

そんな子が『体つくり運動』に沢山通ってくれていて、3つの能力をレッスンで
高めていっています。
3つの能力のうちの運動能力アップを、コーディネーショントレーニングによって
高めているのですが、コーディネーショントレーニング良いところは、
最初は出来ないような動きをさせるのですが、少し練習をするだけで子どもなら
すぐに出来た!になります。

出来なたならまた少しレベルを上げるのですが、そうするとまた出来ないですが、
すぐにまたできるようになります。それがコーディネーショントレーニングの良いところで、
子どもの出来た!という達成感を味わうことが出来ます。

これを繰り返し行うと、自然に出来ない!という口癖は消えていると思います。

親からすると、出来ないと言う口癖が気になり、言わないように指示すると思いますが、
それぐらいでは子どもの口癖を治す事は出来ないと思います。
でも子どもであっても達成感さえ味わえば、自然とその口癖は消えていると思いますので、
お母さんの悩みもいつの日かなくなっていることだと思います。

12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637383940414243444546474849505152535455565758596061626364