お知らせ
パーソナル・マンツーマンレッスン
サンテソレール
  • TEL:045-909-1299
  • 営業時間:
    平日・土10:00~21:00
    日・祝日10:00~19:00
  • 住所:神奈川県横浜市青葉区
    美しが丘1-11-10 ポリニア2F
    東急田園都市線
    たまプラーザ駅徒歩5分

HOME > Sante' Solaire Information

Sante' Solaire Information

産後のママの教室

毎週金曜日「ママフィット」をスタッフが受けてみました!!

内容:エアロビクス【有酸素運動】とコアトレーニング【筋トレ】を組み合わせたレッスン
エアロは、簡単なステップから行うので難しくありません。
初心者でもできます!!

エアロの最後にはコンビネーションを行うので運動量も豊富です。
後半のコアトレでは、お腹周りを中心にシェイプアップしました。

先生:担当の水戸部先生は、一人ひとりに常に目を配り、参加者のステップの
習得の状況を把握しながら、レッスンを進めてくれるので
エアロ初心者の方でも安心してレッスンに参加できます。

スタッフ神保のオススメ!!
先生がレッスン前に参加者一人、一人に声をかけて
参加者の気になる部分(お腹や脚など)を聞き
レッスンの内容の中にその部分を動かすエクササイズを取り入れていました!!

赤ちゃんは泣いていても基本皆さんこの1時間はママの時間と割り切り
集中してレッスンを受けていました!

毎週金曜日  14時から60分間のレッスン
赤ちゃん連れOK ママフィット




横浜市青葉区にある発達障害児の習い事

発達障がい児向けのクラス【ファンファンブレイン】
*ASD(自閉症スペクトラム:社会性、想像力、コミュニケーションに困りがある)
*LD(学習症・学習障害:聞く、話す、読む、核、計算する、推論するのに困りがある)
*ADHD(注意欠如多動症、注意欠陥多動性障害:多動症、衝動性、不注意の特徴がある)
*DCD(発達性協調運動障害:全身、手足の動きの調整が苦手)

のお子さん、グレーのお子さんを対象にした体を動かすレッスンを行なっています。

レッスン内容は
「コーディネーション運動」を行なっていくのですが
体の基礎を作る運動になります。

発達障がい児のお子さんのことを理解したうえで、レッスンを進めていくために、
レッスン予約の前に親御さんとの面談でお子さんの特徴などをお聞きし、
その後体験レッスンを受けていただく流れになります。

横浜市だけでなく川崎市や、町田市
青葉区だけでなく都筑区や宮前区、高津区、
港北区などからも問い合わせがあります。
サンテ・ソレールでは、体を動かしながら
指先、脳トレで頭も使っていきます。
発達障がい児の子どもは2つの事をやるのが苦手なので難しいのでは・・・
という親御さんもいましたが、
定期的に通うことで、できるようになってきます。
苦手なことが多い子は失敗が多く
なかなか褒めてもらうことが少ないようです、
さらに兄弟が多いと褒めてもらうチャンスがさらに低くなったり・・・
発達障がい児の凹の部分は本人が努力では難しいこともあるので、
本人も辛い思いをしている子が多いので
体つくり運動では、褒めのラインをできるだけ下げ、
頑張っていたら褒める!!を心がけています。

子ども達の真剣に頑張る顔、
褒めてもらったり、出来たことに対しての達成感から出るニコニコとした
嬉しそうな顔はよく見られますが、
だんだん、悔しい顔や友達を思う優しい顔も見ることができ成長を感じたりもします。
 

illust2709_thumb.gif


illust2709_thumb.gif

 

発達障害は本当に障害なのか?

こんにちは、サンテ・ソレール代表の廣谷です。

当スタジオだけでなく、色々なところで『子どもに必要な3つの能力』というテーマで
セミナーをさせていただいております。

毎回、この3つの能力『視覚力』、『運動能力』、『姿勢力』のお話をさせていただくと、
必ずご質問をいただきます。

「うちの子、発達障がいなのですが良くなりますか?」

発達障がい児、もしくはその疑いがあるお子さんのお母さん方は、
本当に悩まれていて、子どもの成長を気にされています。

でも毎回思います。

発達障がいって、本当に障害なの?

 

皆さんも知っている症状に、生活習慣病があります。
これも本当に病気なの?
って思います。

確かに重い人は、良くないため病気と言われても仕方がないかも知れませんが、
軽い人は本当に病気なの?ただの予備軍では?
と思います。

生活習慣病も、発達障がいも運動が良い、身体を動かしなさいとドクターに言われたり
しているみたいですが、どんな運動を、どれくらいやればよいの?

 

まだまだ当スタジオがオープンして5年。
もっと時間をかけないとわからないこともありますが、
発達障がい児さんの眼の動きは良くない傾向にあります。

眼球も6つの筋肉で動かせるようになっています。
でも本来なら遊びで眼を自然と動かしていた時代から、
遊びが変わり、遊び場が変わり、遊ぶ時間が少なくなったりで、
身体を動かしたり、眼を動かしたりしなくなりました。

それも大きな影響なのではないでしょうか?

今までは『体つくり運動』というネーミングで、
3歳児から身体の基礎となる動きを色々と指導してきました。

もちろんそこに発達障がい児のお子さんも通われています。

でも週に1回、1時間のレッスンでは足らないと思い、
週2回、2時間受けていただくようにアドバイスをさせていただいたりしておりますが、
それでも足らないと思います。

そこで、今年の4月から学童保育もスタートさせました。
長い時間、長い期間をかけて、子どもの眼の能力(視覚力)、運動能力、姿勢力を高めていくと、子どもは見違えるほど成長するはずです。

本当に発達障がいは障害なの?と勘違いするぐらいに変わると思います。

眼の動きが変われば、脳への情報量は確実に増えます。
脳から手足、身体へ運動神経を発達させれば、よりスムーズに身体を使えるはずです。


姿勢も良くしていく。

今の子どもたちに一番必要なことだと思います。

 

発達障がい児クラスの詳細はコチラ

 

 

123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263