お知らせ
パーソナル・マンツーマンレッスン
サンテソレール
  • TEL:045-909-1299
  • 営業時間:
    平日・10:00〜17:00
    土・日・9:00〜18:00
  • 住所:神奈川県横浜市青葉区
    美しが丘1-11-10 ポリニア2F
    東急田園都市線
    たまプラーザ駅徒歩5分

HOME > Sante' Solaire Information

Sante' Solaire Information

そうだ、マタニティフィットへ行こう!

こんにちは♪
サンテソレールスタッフの高橋です。

関東もいよいよ梅雨入りしましたね〜

今日は、カラッと晴れ模様ですが、
雨が降ってくれないと困ることもありますもんね・・・(^_^;)



さてさて、そんなことより今日のタイトル。

「そうだ、マタニティフィットへ行こう!」

とってもアクティブな雰囲気にしてみましたが、いかがですか?





それというのも、、、
妊婦さんの中には、平日お仕事をされていて、運動したくても時間が取れなかったり、
運動できる場所がなくてお困りの方がいるんです。

そんな悩める、働く妊婦さんからの声もあって、
当スタジオでは、土曜日に【マタニティフィット】のレッスンを開講してます!!!


当スタジオの【マタニティフィット】では、
前半ビクスをして、後半にヨガをしていきます。

ビクスでは、テンポの良い音楽にあわせて、身体を動かしていきます♪
ステップを踏みながら、手を大きく動かしたり、
ステップを簡単なものから動きの大きなものにしていくので、
気持ちのいい汗をかけますし、気分は爽快!
持久力の向上も狙えるので、妊娠中の体力の低下も防げます!!

また、後半のヨガでは、ゆったりとした音楽で、
呼吸を整えていき、妊婦さんの身体に無理のないポーズで動いていきます。
身体の芯を意識し、動いていく事でジワジワと体が温まります。
指の先から、足の先までゆっくりしっかり伸ばしていくので、
全身が伸ばされ、スッキリ!気分爽快です\(^o^)/



妊娠中はもちろんのこと、
出産後の子育てには、それはそれは大変な体力が必要になります。
妊娠中の適度な運動は、産後の体型維持に欠かせませんし、
体力を保持増進するためには、必要不可欠です!!!

これまでも、妊娠中に当スタジオでレッスンを受けられていた方から、
「レッスンで体力をつけられたおかげで、出産に時間がかからなかった!」
「初産だったけど、スピード安産でした♪」
と、嬉しいご報告をいただいております。


平日は忙しいけど、土曜日なら!
という方はぜひっ(^^♪
先生・スタッフ一同お待ちしてます!!!











発達障がい ~視点を変えて~

発達障がい 〜視点を変えて〜

今回のタイトルをご覧になって、「あれ?」と思った方がいらっしゃるかもしれません。

『はったつしょうがい』という言葉を聞いたり、
見たりしたことがあるという方が増えてきた昨今。

その方たちの多くが、『発達障害』という表記で目にされているのではないでしょうか?

今回、私はあえて『発達障がい』と表記させて頂きました。

それはなぜでしょう?




以前、学校に勤めている時に、特別支援コーディネーターの先生から
こんなことを教わりました。

 『発達障がいは、決して"害"なんかじゃないよ!

社会で生きる上での困難さであったり、

表現のしづらさを示しているだけであって、

むしろ、その子の伸ばすべき可能性を示しているものなんだよ♪』

と。


そのとき、ハッとしました。


普通の子と同じように、
何も変わらない接し方をしているつもりでしたが、
やはり、心のどこかでは、かわいそうに思ってしまっている自分がいたのです。

しかし、このことを教わってからは、子どもたちを見る視点が変わり、できることを活かしながら苦手の克服にアプローチしていくようになりました。

すると、関わり方が変わったためか、子どもたちも自然と心を許してくれるようになり、苦手なことでもチャレンジしてくれるようになりました。

そして、なにより、自分自身の気持ちに余裕が持てるようになって、アイディアが多く浮かぶようになりました。

 

さて、日々、個性豊かな子どもたちと関わっているご家族のみなさんはどうでしょうか?

どうにかしようとあの手この手...!
待っていられなくて、つい手伝ってしまう...  
etc...

その個性をどう受け止めて良いのか、
どう活かしてあげたら良いのか、
悩まれている方少なくないと思います。

それは、日常生活の面だったり、運動面のことだったり、様々ですよね。

 

日常生活のことは、ご家族の協力でなんとかなるし、安心してみていられることも多いですが、運動の事となると、「専門家ではないし、教えられないわ...」と悩まれている方が少なくありません。

どうしたらよいかわからない...。
私では、相手ができないわ...。

と悩む前に、ぜひ視点を変えて接してみて下さい。

 

先にお話しした通り、「その子の伸ばすべき可能性を示しているもの」であると、捉えることが大事です。

 

まずは、運動面でも学習面でも、できることに自信を持たせてあげる支援をすることからはじめましょう!

個性豊かな子どもたちとの関わりは、できることはできることとして、できて当たり前のように感じられてしまい、気づけば、できないこと、苦手なことばかりに意識が向いてしまいがち。

ついつい、苦手としていることに対して、「あれもできない、これもできない...。」と嘆いてしまうこともしばしばでは?

不思議なもので、できないできないと言われ続けると、そう思い込んでしまって、できていたはずの事までできなくなってしまったなんてこともあるんです。

 

ポイントは「喜ぶ!」「褒める!!」「待ってみる♪」

簡単そうで、意外と出来ない、この3つ。
そこは周りの大人たちの頑張りどころ!

個性豊かな子ども達が、のびのびとその子らしく成長していける手助けをしてあげなければなりません。

「喜ぶ」ことで互いに気持ちが和らぎ、「褒める」ことで自信がついて、存在意義を感じてくれるようになります。すると、互いの関わりに明るさが生まれ、自然と子どもの自由・気ままな行動でも、余裕をもって「待つ」ことができるようになります。

はじめのうちは、ちょっとの我慢が必要になりますが、慣れてくればお手の物!!

 

だからといって、限界ギリギリまで無理して頑張る必要なんてありませんいいざとなったら、専門家を頼ったって良いのですし、
そこは気張らずにゆる〜く、なが〜く考えていきましょう(^―^)

学校や療育の先生だって、はじめは悪戦苦闘なんです(^_^;)

そこは、ご家族のみなさんと同じ。

悩みを共有できる仲間なのです!

 

 「喜ぶ!」「褒める!!」「待ってみる♪」
これができたら、どんなもんだいっ!!!
と思っていただいてけっこうです。笑

 安心して、お互い気持ちを楽に、関わっていけるようになりたいものですね!

 

当スタジオでも、

発達障がいやグレーゾーンのお子さんの運動指導をさせていただいております。

得意なことを伸ばし、苦手なことへもチャレンジしていけるようサポートしております!


気になる方はコチラをクリック!☆

↓↓↓

発達障がい児の運動指導はコチラ

スポーツテストのお困りごと・・・ ~シャトルラン編~

こんにちは!
サンテソレールスタッフの高橋です!(^^)!


春の運動会は、先週末でひと段落!
参加した子どもたち、応援の保護者のみなさん、暑い中、お疲れ様でした♪

運動会の翌日でも、元気にレッスンに参加しに来てくれた子どもたちもいて、
子どもの体力は無限だな〜若いっていいなぁ・・・(笑)
と思ってしまいました(^_^;)


さてさて、今回の本題に入りましょう。

春運動会のみんなが運動会練習をしているときに、
秋運動会の学校のみんなは何をしているのかというと・・・
そう!
今回のタイトル
【スポーツテスト】なんです!!

以前にも、スポーツテストのことを書かせて頂きましたが、
今回は、実際のお悩みから記録向上へのヒントをお教えしたいと思います。


先日、体つくりのレッスンに参加されているお子さんのお母様が、
こんなことおっしゃっていました。

「この子、体力はある方だと思うんですけど、スポーツテストのシャトルランの記録が伸びなくて・・・」



こういった悩みをお持ちのお子さん・保護者様、実に多いです。


記録の伸び悩みの原因として考えられることは、、、

①シャトルランのリズムにのれていない。
 ⇒ドレミファソラシドの独特な電子音。
  この電子音、レベルが上がるにつれて、ゆっくりから速いリズムになっていくのですが、
  記録が伸び悩んでしまう子どもの多くが、この電子音のリズムに合わせられず、
  リズムがゆっくりなのに、勢いよく走ってしまい、後半まで体力が持たないのです。
  なぜか、一定のリズムで走れない。
  ダッシュしては、ゆっくり走るを繰り返してしまう、
  小学生低学年"あるある"とも言えると思います。

②20m間隔のラインを大幅に越えて走ってしまう。
 ⇒20m間隔の線の間を行ったり来たり走る種目なので、
  線の間を最短距離で走れれば、体力も持ちますし、一番良いのですが、、、
  線と線の間をグールグル!
  大回りしながら走っているお子さんもいます。
  線まできたら、切り替えして反対側へと走り出せれば良いのですが、
  どうやら、その動きが難しいようでグルグルと大回りで走ってしまうようです。
  大回りした分だけ、無駄に走る距離が増えてしまうので、
  これもまた、記録が伸び悩む原因になります。


【リズム感と走りの切り替えし】
この2点をちょっと改善するだけで、記録が随分変わることも!!


当スタジオのキッズレッスンでは、記録の向上に繋がる様々な動きをピックアップし、
楽しく運動しながら、感覚を養っていけるよう指導しています!


気になる方はぜひ、レッスンに参加してみて下さい♪








1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738394041424344454647484950515253545556575859606162636465