お知らせ
パーソナル・マンツーマンレッスン
サンテソレール
  • TEL:045-909-1299
  • 営業時間:
    平日・10:00〜17:00
    土・日・9:00〜18:00
  • 住所:神奈川県横浜市青葉区
    美しが丘1-11-10 ポリニア2F
    東急田園都市線
    たまプラーザ駅徒歩5分

HOME > Sante' Solaire Information

Sante' Solaire Information

自宅でできるマット運動の苦手克服~後転編~

体育の授業で必ずある種目
「マット運動」

前転から始まり、最初の難関でもある『後転』が次にやってきますね。
このマット運動の最初の段階で苦労するお子さん、多いのではないでしょうか?

後転はこうやるんだよ、と教えてもわからない子
お手本を見せてもなかなか真似できない子
後ろに転がる時の手の置き方を何回教えてもできない子
後ろに転んで回ることへの恐怖心がある子
後ろに転がることはできるが回る途中で止まって横に転がってしまう子
後転はできていると思うがまっすぐきれいに回れない子

お父さん、お母さん、このようなお子様の後転を見て、または教えていて、
どうしていつまでたってもうちの子は出来ていないのだろう。
そのように感じたことはありませんか?

もしかすると、子どもに必要な3つの能力が
小さい時にしっかり鍛えられていなかったかもしれません。

この、子どもに必要な3つの能力とは何なのか?はこちらをご覧ください。

さて後転をできるようになるためにはどのような練習をすればいいのでしょうか?

まずは人間の基本の動作はできていますか? 


人間には、たつ・あるく・はしる・くぐる・ぶらさがるなどの約30弱の
基本の動作があります。
この動作は小さい時になるべく多くの動作を経験し
バランスよく身に付けることが望ましいと言われています。

テレビゲームが増え、公園の遊具が安全なものしか置かれなくなった今、
現代っ子は人間の基本の動作がしっかり身に付けられているのでしょうか?

この基本の動作ができていないと、自分の体の使い方がわからなくて
頭では分かっていても、体が思うように動かせないのです。

後転はこうやるんだよ。
手の置き方はこうだよ。
と教えて頭で理解していても、それをしっかり体に
伝達出来ていないのかもしれません。

また、後ろに転がることは出来ていてもなかなかまっすぐ回れない
というのは、人間の基本動作の他に「コア」という部分が関係しています。

このコアという部分を鍛えてあげることによって、
まっすぐきれいに回ることができてきます。



確かに反復練習を繰り返せば、できるようになるのかもしれません。
しかし、また次のステップに進んだときにも、反復練習という時間をかけ
自分の体の使い方もわからないままに進んでいってしまうかもしれません。
自分の体の使い方がわかる子は、教えなくても出来てしまう子も多いです。

さあこれを踏まえて、練習をしていきましょう!

お家で特訓!!

少ーしだけ、お教えしましょう!

まず後ろに転がるという恐怖心がある子は、
手を置く順番を最初だけ変えてみましょう。

本来は お尻→背中→手+頭 という形ですが
お尻からストーンを転がることが怖い子は
しゃがんだ状態で、お尻の横に手を置き、
手→背中→頭+手 という形からやってみましょう。

多少勢いがないと回りきれない子も多いので、
お尻はついている状態からではなく
しゃがんでいる状態から転がる方が回りやすいかと思います。

くるんとまわりきれない子は、
伸膝後転のようにして、腕の力で押し上げて回り切ることから
始めてみて下さい!


やる時は、広い場所を使って、柔らかい布団など敷いて
怪我のないようにやってくださいね!
 
 

子どもに必要な3つの能力を高めマット運動を克服!

コラム『子どもに必要な3つの能力』を読んでいただきましたか?
 
  • 視覚力
  • 運動能力
  • 姿勢力

現代っ子に、まだまだ身に付いていない能力です。

目で見た情報を、素早く脳に伝達し、
脳から手足、体に正確に指示することが出来れば

案外、すんなり後転が出来たりするのです。

イメージはタイヤ。

タイヤがコロコロと転がっているイメージをさせ、
自分の体がタイヤのようにまあるく転がっているイメージをさせるだけでも後転が出来たりするのです。

マット運動が苦手なお子さんほど、イメージが出来なかったりするので、
イメージ力も大切ですね。

なわとびの跳び方のコツ


こんにちは♪

台風が通り過ぎて、昨日は暑くて
今日も天気がいいかな〜?とおもいきや
雨。寒い。
体調管理には気を付けましょう(+o+)


さて、体つくり運動でたまになわとびをすることがあります。
みんな一生懸命縄を回して前とび何回出来るか数えてやっています。

3〜6歳のクラスでも、7〜12歳のクラスでも
多くみられるなわとびの跳び方が
大きく腕をまわして、大きく縄を回しています。

小さい時によく見られる跳び方のひとつですが
この跳び方をしていると、腕も疲れますし、体力も使います。
また、次のステップ、次の技を挑戦する、となってきても
成功までの道が長くなってしまいます。

最初の跳び方から、キレイな跳び方を教えても
体が今までの動きに戻ってしまいます。

そこで、一つだけコツを教えるとすると
【コツ】とは言えませんが、
「縄が勝手に動いてくれる。」
という事を理解してもらう事。これだけ言うと動かさなくても動くの?
と誤解を招いてしまうが、なわとびの遊びで「ヘビ」をやると
想像つくかと思います。

縄の一点を動かすことにによって、一点から先が動きます。

腕を大きく回して縄全部を回そうとするので
どうしても大きく腕を振り回してしまいます。

「手首の返し」を意識して、最初は縄の中心に小さな重りをつけて
やってみるといいかもしれませんね。

キレイな跳び方で、跳べるようになったら
次のステップに挑戦してみましょう。
練習すると案外すぐ出来たりするかもしれませんね!

皆さん一度試してみて下さい(^^)v


眼と指先から鍛える子どもの運動神経


こんにちは♪

台風19号が接近しております。 
明日10月14日(火)台風の為全レッスン休講となりました。 
ご予定を合わせて頂き、ご予約頂いた方申し訳ございません。
またのご来店お待ちしております!


さて、前回子どもの運動神経についてお話しましたね♪
今回は、その運動神経にも関わってくる
眼のトレーニングと指先の運動についてお話しさせて頂きます。

眼・指先のトレーニングとして挙げられるのが
「ビジョントレーニング」 です。
動体視力を鍛えるために一流選手などがうけているのが
このトレーニングです。

移動する目標物を連続して目で追い、識別する眼の能力のことを、動体視力といいますが
動体視力・視野・瞬間視などの視力機能の向上によって
反射神経や瞬発力などの動作スピードアップにも繋がってきます。

また眼の動きだけでなく、一緒に指先の運動もすることで
集中力アップや学習能力アップにも繋がってきます。

実際に体つくり運動(ビジョン)に継続してこられている方で
レッスンに参加し始めて3か月後くらいにお母様からこんなお知らせを頂きました。

・ピアノに通っているが、前よりも視野が広くなって
 外れた音が出なくなってきた。
・お辞儀が出来なかったが、まっすぐふらふらせずに出来るようになった。
・字が上手になった。
・漢字などを書くときに1マスに綺麗に書けなかったのが書けるようになった。

などお子様自身の成長、他での成長などもありますが
ここにきて出来るようになったことが多くなりました!
とおっしゃっていました。

なかなかすぐ結果が見られるかというと
個人差もあります。
しっかり継続してトレーニングすることが大事です。

子ども達の小さい時の遊びからも鍛えられます。
ボール遊びやブロック遊びなどもひとつの訓練です。

色々な遊びを通して、眼・指先を鍛えていきましょう!


12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637383940414243444546474849505152535455565758596061626364